FX初心者のリクーム♪が投資手法を比較・検証・公開。外国為替取引に必勝法なんてない!情報商材やシステムトレードだけに頼らず、裁量トレードを磨くブログ。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数日、リアルトレードをお休みして、
メタボ社長様のブログでご紹介されていた
よしくんさまの「カオス式デイトレード」をはじめ、
他のブログなどで話題になっていた手法を
検証していました。

で、結論は・・・
私にはやっぱり移動平均線を使った手法があっている。

ということでした。

SnakeForceなど
後で書き換えられるようなインディケーターは
バックテストができないので、
十分な検証ができず、
十分な検証結果が得られないとなると、
私自身、その手法を信じることができない
ということになってしまいます。

検証してみた手法は、
どれも理にかなった素晴らしい手法ですし、
実際に利益を出している方も大勢いると思います。

しかし、誰かが「この手法は素晴らしい」
と絶賛している手法であっても
私は自分でしっかりと検証して
この手法ならイケる!と納得しないと
リアルトレードでは使えない性格です。

また手法を信じていなければ
トレード中に迷いが生じてしまうと思います。

迷いのあるトレードでは
良い結果がだせるとは思えません。

というのが、
今回いろいろな投資手法を検証してみての感想です。

また今までSidus Methodで
4本の移動平均線の順番や傾きなどに注意してきましたが、
移動平均線に対するプライスの位置も重要であることが
分かりました。

加えて、サポートやレジスタンスの重要性
を再認識しました。

一番大事なことはやはりシンプルなのかもしれません。

今、自分の手法をまとめ、
検証しているところです。
十分に納得できたら、またご紹介したいと思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いろいろと投資手法が次から次へと出てきて、一体どれがいいのかというのは自分もあります。

どの投資法も大きな視点からみたら大した違いもないのに、やっぱり目がいってしまう自分もおり、その度になんとも言えない複雑な気持ちになります。

あと最近、「ランダムウォークと行動ファイナンス理論のすべて」という本をちょっと読みまして、自分自身、パンローリングから出ているような投資哲学本みたいのは好んで読んでいたのですが、このような小難しい金融工学系は元々文系出身なのであまり他人事みたいな感じだったのですが、面白いものがありました。

それは投資の学習量と成績を示した関係というのは、学習量と成績というのは、そのまま一直線に学習量に応じて素直に成績が上昇するのではなく、学習量が増えると一度成績が下降して(ここが重要です。)そして底辺まで落ちた成績から、しだいに上昇に転じていくということでした。

勉強すればするほど成績が落ち、例え機関投資家でもきちんと人材育成されていないと、初心者よりも勝率、成績がよくないということが起こりえるというのが自分の中で面白い発見でした。

そして、誰もが一度は勉強すればするほど、成績が落ちていく経験をする中で、そこから這い上がって今度はプラスの学習曲線を描く人というのは、それにもめげずに学習を続け、マーケットを理解し、そして自分なりの投資哲学を確立できた人なのだそうです。それができた一部の投資家だけがその壁を越えられるということが書かれていました。個人的には「なるほどな~。これはあるな。」とか自分の中ですごく納得してしまいました。

別にアフィリとか目的ではないので、特に薦めるつもりはありませんが、ただ自分自身その一文ですごく救われた部分があったので、同じ相場を志す人間として、どこかしらで、役に立てるものがあればいいかなと思い書かせて頂きました。

相場の勉強は勉強すればするほど、成績、勝率が落ち、全くの初心者よりもパフォーマンスが低下する現実があり、それでもめげずに学習を続け、自分なりの投資哲学を確立できたごく一部の人だけが勝つことが出来るとこの言葉は自分自身も本当にかみ締めてやらなければならないなと思いました。



2008/11/11(火) 02:17 | URL | たろ #-[ 編集]
たろ様

コメントありがとうございます。

おっしゃるお言葉、私にも身にしみました。

相場について学習すればするほど、成績が落ちる・・・。

確かに知識が増えれば増えるほど、いろいろなことに目がいき、本当に必要なことが見えなくなってしまう、ということがあるのかもしれませんね。

必要な情報は何かを自分自身で判断し、不要なものは捨てたり、相場の状態によって使い分ける裁量も必要なんですね。

また成績が落ちた後、めげずに学習を続け、自分なりの投資哲学を確立できたごく一部の人だけが勝つことが出来る・・・この言葉を信じて、日々努力していこうと、私も改めて思いました。


2008/11/12(水) 12:55 | URL | リクーム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://recoom.blog60.fc2.com/tb.php/83-8ca4dbdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。