FX初心者のリクーム♪が投資手法を比較・検証・公開。外国為替取引に必勝法なんてない!情報商材やシステムトレードだけに頼らず、裁量トレードを磨くブログ。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

FXビクトリーメソッド
裁量トレードを磨くのに最適な情報商材!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャネル戦略

ユロ円30分足
090408EURJPY.jpg

朝起きたらちょうどレンジになっていたので
134.01のちょい上で逆指値買い注文、
132.90のちょい下で逆指値売り注文を出しました。

9:25、売り注文がささって、
9:36、support1のちょい上に設定していたリミットに到達。

結果:+31pips

この突然の下げの理由は↓だったようです。

「為替 :Flash News アジア時間正午 (更新:04/08 11:04)
アジア時間正午にかけ、ユーロが急落。英FT紙による「アイルランドが財政削減と増税を実施」との報が嫌気されている。アイルランドの消費者物価指数はここ13年で最低を記録しており、デフレ懸念が台頭。また失業率は既に10%を超えており、1月の小売売上高は前年同月比で-20%超を記録している。日経平均は8658.63(-174.22)で前引け。」
参考:ひまわり証券



続いて、今の下げの下限、132.34のちょい下に
逆指値売り注文。

11:12、売り注文がささりました。

support2の131.68のちょい上に設定していたリミットに
あとわずかで届かず、
ドル円がちょうど前回安値で跳ね返されたこと、
ユロ円のローソク足が十字になったこと
を理由に13:00薄利でクローズ。

結果:12pips



また、今の下げの下限、131.75のちょい下に逆指値売り注文。

リミットはフィボナッチ・リトレースメント BigWave8をアプライし、
0%の131.11のちょい上に設定。

15:46リミット到達。

結果:+42pips



その後、今の下げの下にも売り注文いれてますが、
上がっていきましたね。

今日はFOMCがあるので
この後は小幅なレンジになりそうです。


なので今日はこれでおしまい。



他のトレード結果はこちらから
他の投資手法はこちらから
人気の投資手法は・・・

最近は、おもに30分足や1時間足でのまったりトレードです。
押し目買い、戻り売りを狙います。


090303EURJPY60.jpg

昨日のユロ円の1時間足。

<チャート設定>

短期 水色とピンク
VQ(3,3,1,0)

長期 青と赤
VQ(10,3,1,1)

<エントリー>
長期VQのトレンド方向に
短期VQのサインがでたらエントリー

<クローズ>
ローソク足の実体が±2σにタッチしたら。
または短期VQの反対のサインが出たらクローズ


画像の12:00(実際には20:00)に
水色の矢印が点灯。

このとき長期のVQが青なのでエントリーOK。

12:00のローソク足が確定した時点で成行エントリー。

このときは近くにレジスタンス3があったので
指値はレジスタンス1の123.83。
逆指値はレジスタンス1の少し下に設定。

すぐにリミットに到達しました。

+45pipsゲット。


ボリバンミドルMA21が同方向のときのみエントリーしたほうが
より安全です。

またサインが揃った時、
ローソクの実体が±2σにタッチしているときは
いったん戻す可能性があるので、
エントリーをひかえたほうがいいかもしれません。


リミットは、確実にここまではいくだろうと
いうポイントに置くことが多いです。

その後利を伸ばすこともありますが、
考えていたポイントにタッチして
すぐに戻ってくることもあるからです。


またエントリー時、
安値の切り上げ、高値の切り下げを
意識したほうが勝率が上がると思います。


一日数回しかトレードチャンスがないので
ついついポジりたくなってしまいますが
確実に獲れるときだけ、エントリーするよう心がけています。


他のトレード結果はこちらから
他の投資手法はこちらから
人気の投資手法は・・・

BIG WAVE8

BIG WAVE8 とは
私がいつも参考にさせていただいてるサイト「BIG WAVE」の
Tedさんが公開している手法で、
フィボナッチを八分割して、利確・ロスカットの目安をたてる
というものです。

<ユロ円5分足>
090130EURJPY05.jpg

東京市場オープン、ショート方向にブレイク。

スクイーズの一番上7:15(画像では23:15)の高値に100%、
ショート方向にブレイクし、いったん戻したところ8:15(0:15)の安値に61.8%
をあてる。

61.8%にあたる116.16で指値でエントリー。

利確ターゲットは、0.0%の115.30+スプレッド。

ロスカットは、61.8%の2段上、87.3%の116.51+スプレッド。

順調に利を伸ばしてきたので、
BIG WAVE8のラインを超えるたび、ロスカットも切り下げ。

9:30(1:30)、RSIがダイバージェンスっぽかったので、
成行決済。

33pipsゲット。

その後、50%ラインでロスカットにひっかかったので、
今回の成り行き決済は間違いではないと思います。

ただ、116.00にFibo_PivのSupport1があったので、
もう数pips上にロスカットを置いておけばひっかからずに、
0%まで利を伸ばせた感じでした。




他のトレード結果はこちらから
他の投資手法はこちらから
人気の投資手法は・・・

【ユロドル15分足】
090107EURUSD15.jpg


【ユロドル5分足①】
090107EURUSD05.jpg

【ユロドル5分足②】
090107EURUSD05_2.jpg


○エントリー1回目

ユロドル15分足9:45(画像では1:45)のローソク足
ADX5(水色)が上昇、
BBandWidthRatio14(黒色)が上昇を確認。

10:00ショートエントリー。

ユロドル5分足10:05(画像①では2:05)のローソク足
ひげがボリンジャーバンド-3σを突き抜けたのを確認。

10:10クローズ。

+22pips


○エントリー2回目

ユロドル15分足12:15(画像では4:15)のローソク足
ADX5(水色)が上昇、
BBandWidthRatio14(黒色)が上昇を確認。

12:30ロングエントリー。

バンドウォークが終わりローソク足が
いったん+2σ内に収まったので
次にローソク足が+2σにタッチしたら利確予定。

しかし、
ユロドル5分足12:55(画像①では4:55)のローソク足
BBandWidthRatio14(黒色)が下降し始めたのを確認。

また、
ユロドル15分足12:45(画像では4:45)のローソク足
のひげが+2σにタッチしたのを確認。

13:00クローズ。

+10pips


○エントリー見送り

ユロドル15分足15:45(画像では7:45)のローソク足
ADX5(水色)が上昇、
BBandWidthRatio14(黒色)が上昇を確認。

しかし、
ユロドル5分足15:55(画像②では7:55)のローソク足
が+3σにタッチしているので
オーバーシュートとみて、エントリー見送り。


○エントリー3回目

ユロドル15分足16:30(画像では8:30)のローソク足
ADX5(水色)が上昇、
BBandWidthRatio14(黒色)が上昇を確認。

16:45ロングエントリー。

ユロドル5分足をみると
ローソク足がいったん+2σ内に収まっているので
16:45(画像②では8:45)のローソク足の
ひげが+2σにタッチしたこと確認し、

16:50クローズ。

+16pips


他のトレード結果はこちらから
他の投資手法はこちらから
人気の投資手法は・・・

【ユロドル5分足】
081208EURUSD5_3.jpg


15:00(画像では7:00)
○ボリンジャーバンド、スクイーズからエクスパンション
○ADX上昇
○すべてのRCI上昇
○すべてのEMA上昇

以上より、15:05の始値でエントリー。

15:10
ボリンジャーバンド-2σ内側に折れ曲がったので、
15:15の始値でクローズ。


16:45(画像では8:45)
○ボリンジャーバンド、エクスパンション
○ADX上昇
○すべてのRCIが上昇または横ばい
○すべてのEMAが上昇

以上より、16:50の始値でエントリー。

17:10、
ボリンジャーバンドの-2σが内側に折れ曲がったので
17:15の始値でクローズ。


他のトレード結果はこちらから
他の投資手法はこちらから
人気の投資手法は・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。